MENU

INTERVIEW 社員インタビュー詳細 Professionals

ENTRY
営業部
部長
IKEJIRI TARO
池尻 太郎
2014年入社

01入社の動機を教えてください

代表の和泉とは、以前より仕事を通じての面識がありました。 お客様だけでなく社員も心から大切にしている姿や、IT業界では取り組み自体が難しいとされてきた「働き方改革」に力を入れていたところに魅力を感じていました。 そんな折、代表からフォーエスで営業部隊を立ち上げるため、是非協力してほしいとの申し出があり、私も一念発起。入社を決意しました。

02仕事内容を教えてください

現在は営業部のディビジョンディレクター兼、コンサルタント業務を担当しています。コンサルタントの役割は、お客様の中で顕在化している課題だけでなく潜在的な部分も含めてヒアリングし、 より良い提案を行うことです。お客様自身が気づいていない要望を見える化し、実際にプログラミング構築を行うエンジニアと協力しながら、お客様にとって本当に必要となる提案を行っています。
フォーエスの技術力は一流。そこにプラスして超上流と言われているコンサルタント業務を自社で行うことで、さらに幅広い提案ができるようになりました。 私たちは現代におけるITシステムソリューションを目指しています。

03仕事の面白さ、難しさを教えてください

お客様自身が答えを持っていないことが多いため、答えを導き出すことです。今ある情報を分析し、足りない部分はヒアリングを繰り返しながら最適解を導き出し、お客様が納得できる形で提案していく。 これが難しくもあり、面白いところです。法律事務所の業務改善コンサルタントに入った際は、業界用語が全く分からず、さらに驚くほどアナログな世界だったことに衝撃を受けました。 だからこそ、的確な提案と結果が伴わなければ価値を理解してしていただけないと考え、ヒアリングと分析を徹底的に行いました。意外ととてもロジカルな世界だったりします。 私自身、一旦自分が導き出した答えを壊して再考することもあります。自分の凝り固まった答えを壊した先に最適解を見つけた時の喜びが、この業務の面白みに繋がっているような気がします。

04今後のビジョンを教えてください

海外進出の成功を目標に、ITシステム開発ソリューションの幅を広げたいです。得意な分野だけでなく、幅広い視点でお客様の要望に合った提案ができるグローバルな部隊を作りたいです。 個人的には生産者がどのような形でITと関わっていくのかに興味があります。私たちの持っているノウハウを使って第一次産業や地方活性化を実現させていきたいと考えています。 そういったビジネスをフォーエスで立ち上げることが夢です。

社員インタビュー一覧へ

エントリーはこちらから受け付けています。

ENTRY