MENU

INTERVIEW 社員インタビュー詳細 Professionals

ENTRY
営業部
スタッフ
MARUYAMA RYOJI
丸山 陵司
2016年入社

01仕事内容を教えてください

IT技術者派遣の営業がメインです。技術者を求めている企業やプロジェクトなどに対して、案件にマッチした技術者を提案しています。 お客様先で「こういう人が欲しい」といった内容を細かな部分まで拾い集めて、それに適した技術者を派遣するように心がけています。 一方、技術者の方々にもそれぞれの想いがあるので、希望にかなう案件を提案するなど、意向や意思を尊重することは忘れません。

02学生時代に打ち込んでいたことはありますか

野球一筋です。小学校1年生から今現在までずっと続けています。一番の思い出は、高校時代に甲子園に出場したことです。 チーム一丸となって大きな目標を達成できたことは、とても貴重な経験になりました。甲子園では3番・捕手でスタメン出場。 甲子園の雰囲気は「凄い」のひと言で、あっという間に試合が終わってしまいました。これまでの野球人生のなかで、 あの時ほど早く時間が過ぎていった試合はありません。現在も社会人野球チームに所属して白球を追いかけています。

03仕事の面白さ、難しさを教えてください

お客様からの要望に対して、私が提案した技術者での契約を獲得できた時です。新卒で入社してから3年目となり、 業界の基礎知識や営業スキルが身についてきた結果、お客様が求める技術者と私の提案する技術者の条件がよりマッチするようになってきました。
反面、紹介した技術者が現場の雰囲気に合わず、スキルは足りているものの交代となってしまうケースも少なからずあります。
契約を多く獲得できるようになってきた今、「提案」「紹介」ということの難しさを感じています。 ミスマッチを防ぐために、お客様へ技術者を提案する前に一度、面談の場を設けるなど日々改善努力を行っています。

04今後のビジョンを教えてください

近い将来の目標は、自分で開拓した新規顧客の獲得です。「丸山さんにお願いすれば間違いない!」と言われるような営業のスペシャリストを目指していきたいです。そして、営業部の一員として、開発部と協力しながらお客様へより良い提案ができるようなチーム作りに貢献し続けたいです。野球をやっていることもあり、チームで行動し、活躍することで自分の役割が果たせる、 と考えています。将来的には今の上司のように、社内外から頼りにされる「営業部長」となることを目標としています。

社員インタビュー一覧へ

エントリーはこちらから受け付けています。

ENTRY